カマグラはバイアグラのジェネリック医薬品です。

日本人男性の約8割が悩みを抱えていると言われているのが勃起不全の症状です。
勃起不全というと病気や加齢の影響が大きいとされてきましたが、近年のストレス社会の影響もあって20代~30代の若い男性でもストレスから勃起不全に陥るケースが少なくはないと言います。
そのため、たまに勃起できない、頻繁に勃起できない、常に勃起できないという症状を全て合わせると8割の男性が悩んでいるとされてるのです。
しかし1998年に世界初のED治療薬であるバイアグラが誕生してから、日本のみならず世界中の多くの男性が勃起不全を改善することができるようになりました。

viagra9

EDのメカニズムニズム

そもそも勃起というのは、性的興奮によりNO(一酸化窒素)が増加し、NOが血管に作用してサイクリックGMPという化学物質が合成され、サイクリックGMPが血管を拡張して陰茎海綿体に血液が流れ込み勃起するというメカニズムです。
しかし、視覚という意味で男性が日常の中で性的興奮を感じるシーンというものは多々あり、その都度勃起していたら男性は日常生活を送ることができません。
そこで勃起を抑制する酵素、PDE5(ホスホジエステラーゼ5型)が分泌されることでサイクリックGMPが破壊されて勃起を抑制しています。

射精後に勃起が収まるのもPDE5の作用です。
さて、正常な男性は上記のように構造が働くのですが、勃起不全の男性は何かしらの要因でPDE5が多く分泌されて性交時に勃起ができなくなってしまっています。
そこでED治療薬です。
ED治療薬の正式名称はあまり知られてはいませんが、正式にはPDE5阻害薬といいます。
つまり、勃起を抑制するPDE5を有用成分で抑制することで、勃起を促すという治療薬です。
カマグラもED治療薬の一つであり、有用成分にはシルディナフィルが含有されています。

インドの製薬会社シプラ社が開発、効果はバイアグラと同じものが得られます。
食後に服薬すると十分な効果が発揮できないため食前の服薬がおすすめ、1日1錠まで、次回服用するときには24時間以上開けてください。
また、血管拡張作用があるので循環器に問題がある方は服用を避け、併用禁忌薬にも注意が必要です。
健康面に問題がある方は、医師の診察を受けてバイアグラの服用が認められればカマグラも服用可能と判断できるでしょう。

シルディナフィルの含有量によって、25mg、50mg、100mgが製造されていますが、国内では日本人の体形に合わせて25mgと50mgの服薬しか認められていません。
よって、100mgを購入した際には半分にカットして服薬をしたほうがいいでしょう。
そして、カマグラの大きな利点としては価格の安さがあります。
1錠150円~300円程度で購入できるというのがカマグラが選ばれている理由でもあるので、経済負担をかけずにED治療薬を使っていきたいという方はチェックしてみてください。
ちなみに、購入はインターネットから可能です。