バイアグラの通販(個人輸入代行)のコストについて

ED治療に効果的なバイアグラは便利な反面で、コストがかさむことが長期服用の妨げなります。
医療機関を経由しても輸入代行業者を利用しても、一錠当たり50mg容量の製品で1,500円程かかります。
現在我が国で製造販売されているのは25mgと50mgなのですが、海外では100mg容量の製品も販売されています。
この100mg容量は医療機関では処方されませんが、輸入代行業者から購入することが出来ます。
そこでコストダウンを希望される方は、100mg容量の製品を購入すれば良いのです。
ですがそのまま服用はしません。
厚生労働省が認可していない容量ですので、日本人にとっては効き目が強すぎる恐れがあります。
欧米人などのように体系の大きい方に処方されるのが一般ですので、そのまま服用しない方が無難でしょう。

もちろん効き目は大きいので効果は大であることに違いはありません。
ともあれこの100mg容量の薬を半分にして服用すれば良いのです。
これでしたら単純に50mg容量になりますよね。
なぜこのようなことをするのがオススメかというと、経済的に最もお得だからなのです。
輸入代行業者のホームページにアクセスしてみて下さい。
たいていどの輸入代行業者も、バイアグラの容量によって値段が大きく変わることはありません。
25mg~100mg容量で大きく成分含有量が違うのに、どうして値段が変わらないかと疑問に感じるでしょうが、これが現実なのです。
ですので100mg容量のものを購入して、それを半分にすれば50mg容量が2つ作れますし、さらに半分にすれば25mg容量が4つ作れるので、一錠の値段で2~4回分服用出来ることになります。
コストは1/2~1/4で済むことになります。
実際に100mg容量の製品を購入している方は多いのですが、そのまま服用する方はあまり多くありません。
これまで説明してきた手段でお得に服用されているのです。
これで一錠当たりのコストが375円程度から750円になります。
ただしどうやって小さなバイアグラの粒をカットすればよいか、疑問に思う方もいるでしょう。

それも実は簡単なのです。
ドラッグストアあるいは輸入代行業者には、ピルカッターと呼ばれる製品が販売されています。
あらかじめこのピルカッターを購入しておいて、切断することが出来るのです。
切断使途後はピルケースなどに保存するか、ラップに包むなどして保存しておけば、しばらくの期間は安全に使えますので便利なのです。
せっかくバイアグラをリーズナブルに服用出来るわけですから、1週間に一度とは言わずに、2,3回はセックスにチャレンジしてみても良いでしょう。
それなら長期保存しなくても直ぐに消費するので心配ありませんね。

もしもコストがかかることによってED治療を躊躇されている方は、上手に輸入代行業者を活用すればお得にバイアグラを購入することが出来ます。
賢く服用すればまたかつてのような楽しくて幸せな性生活が蘇ることでしょう。

下記に個人輸入の口コミをいくつか転載しておきます。全文はこちら⇒バイアグラ通販の口コミ

死ぬまでにもう一花咲かせたい!そういう思いでこの薬にたどり着きました。駅前にちょうどバイアグラを処方してくれるクリニックがあってよかったですね。

夫婦のきずなを取り戻せました。この青い錠剤は神の薬です。バイアグラがなかった昔の人は大変だたっと思います。僕は恵まれた時代に生まれましたね~(しみじみ)

このようなサイトやヤフー知恵袋、2ちゃんねる等の口コミを参考にしていいショップを探すのも、いいお店を見つけるためのテクニックの一つです。