バイアグラとニコチンの関連性

今年45歳になる私ですが、下半身にはまだまだ自信があるつもりでした。
しかし、ここ最近めっきり元気がなくなり、妻とのセックスもおざなりになり、ついにはセックスレスになってしまったのです。
原因が私の中折れにあるだけに、妻には申し訳ない気持ちでいっぱいで、どうにかならないかと悩み続けていました。
そんな時、バイアグラのジェネリック薬シラグラをネットで見つけたのです。

viagra3この薬はインドのシプラという会社が作った薬で、インドでは大手の会社が作っている安心感があります。
日本では認可されていませんが、バイアグラと同じシルデナフィルを主成分とするので、効果、副作用などほぼすべてが同じコピー品と呼んでいいでしょう。
インドでは特許の概念が特殊なため、オリジナル品への特許料が入らないジェネリック薬を作りやすいのです。

この薬も価格がバイアグラに比べ、10分の1程度とかなり安く、何度使っても家計の負担にならない面が評価されています。
私がシラグラの購入で得たものは大変大きかったです。
一つはインドのジェネリック薬に関する知識であり、安かろう悪かろうという私の先入観を見事に取り払ってくれました。
この薬が持つスペックの高さは折り紙つきであり、バイアグラオリジナルを買うよりもはるかに安い所が気に入ったのです。

なにせ、バイアグラが持つパワーがそのまま安値で買えるのですから、これを買わないわけにはいかないでしょう。
もう一つは、セックスの楽しさです。
妻とのセックスが半ば以上義務になっていた私にとって、この薬を使うことで得られるパワーは、男性としての自信になり、この年齢にして妻をセックスで喜ばせることが可能になりました。
こんな気持ちになったのは20代以来でしょう。
国内で買うことのできないシラグラは、個人輸入代行業者さんのサイトで買うのが一般的です。
個人輸入とはいえ、輸入に関する手続きは業者さん任せですから、お客は何の心配もせず、ただ注文をすれば問題なく商品が届きます。

初めての時は緊張しましたが、二回目以降はそれほど気負う所もなく買い物ができました。
ここで注意したのは業者さん選びで、誠実な業者さんほどこの業界では長く商売をしています。
かつてバイアグラのニセモノが席巻した際、それを助長したのは悪質な販売業者でした。
今は悪質業者は駆逐され、正規品のみを売る業者さんが残っています。

妻とのセックスがこの年齢にして楽しくなるとは意外でした。
シラグラの持続時間は3時間から6時間と短く、食事の影響も受けてしまうので、使う際には細心の注意が必要です。
しかし、それらを補って余りあるパワーがこの薬には存在します。

これを生み出したインドの製薬技術の高さにはますます興味がわいてきました。
私はこの薬によって生まれ変わることができ、妻とのセックスライフに新たなる一ページを刻むことができたのです。
この薬をもっとよく知り、さらに使いこなしたいと考えています