バイアグラの継続時間

1998年に世界初のED治療薬としてバイアグラが開発されたそれ以降は、様々なED治療薬が誕生し、多くの男性の助けとなると同時に医療界に大きな変化をもたらしました。
メガリスもその中で生まれたED治療薬の中の一つです。
メガリスは、アメリカの製薬会社ファイザー社が開発したバイアグラのコピー医薬品としてインドの製薬会社シプラ社が製造しています。
コピーとはいえ製造しているのはれっきとした製薬会社ですし、バイアグラと同じシルディナフィルを含有しているため危険性はなく、効果はバイアグラと同じものが得られるでしょう。
用法用量・注意事項もバイアグラと同じです。

viagra6コピーは不安だからオリジナルを選ぶという方ももちろん多くいますが、コピーを選ぶ方も少なくはありません。
その理由としてオリジナルとコピーの価格差があります。
バイアグラは薬価が高く、1錠あたり1500円~2000円が相場です。

対してメガリスは薬価が安く、1錠あたり150円~300円が相場となっており、バイアグラに比べるとかなり安く入手することができるのが分かります。
ここまで差額があると逆に不安に感じますが、コピーが安いのには理由があります。
バイアグラは新薬として開発されたため、有用成分の研究から始められています。

それにより開発費用は数百億円にも上り、このコスト回収のためには薬価を高く設定しなければならないのです。
それに対してオリジナルのコピーであるメガリスは、バイアグラの開発時に認められている有用成分の研究や臨床試験を省くことができるため開発費用は数千万円程度に抑えることができ、そのため薬価を低く設定することができるのです。
ようするに開発にかかった費用の差がそのまま、1錠あたりの価格差として現れています。
バイアグラは手が出なかったという方や、継続的に服用をすることを踏まえたら、どうしても価格は気になってしまう・・・という方にメガリスが選ばれています。
ちなみに、コピー品の販売は日本の薬事法には適用されないため、日本での販売許可は下りていません。
もしも入手したいのなら、インドに出向き購入してくる、もしくは個人輸入にて購入する方法しかないでしょう。

さすがにインドまで出向くというのも無理なので一般的には個人輸入が利用されていますが、薬事法には触れないかという点が気にかかります。

薬事法によると、輸入者自身が利用する場合に限り医薬品の個人輸入は認められているので、輸入を行うこと自体は問題はありません。
個人輸入はインターネットから行えます。

個人輸入代行業者のサイトを活用して購入するシステムで、処方箋は不要ですので誰でも手軽に利用することができます。
ただし、安全性を考慮して正規品保証や配送保証がある代行業者を活用することが大切です。
誰にも知られることなく、購入できるのもインターネットの魅力なので、EDに悩むくらいなら、思い切って使ってみるといいでしょう。